注文したら始まるダウものがたり

FX初心者にとってチャートを見ながら取引を行うことも、とても大変な大仕事だと思いますが、ここでいつもとは少し、違った見方をしてみませんか?

FXはほぼ24時間の取引が出来るので、大口の個人投資家などは片時も目を離せないという人も多いのは皆さんもご存知だと思います。
では、なぜ片時も目が離せなくなってしまうのか? 日本の主な取引所である東京証券取引所と、アメリカニューヨークの証券取引所との営業時間の異なりです。

日本とニューヨークでは時差が13時間となっており、ほぼ半日異なっています。
そのため、日本の取引を終えた後の日本時間の夜にニューヨークでの取引が行われ、ニューヨークでの取引が終わった後、日本では朝を迎えるため、ニューヨークの取引終了後の数時間後には新たに翌日の取引が日本で開始されます。
ここでカンの良い方ならお分かりになるかもしれませんが、FXの相場は世界的な要因がいくつも重なり、価格が変動しているため、ニューヨークでのダウ終値と日本の取引始まり価格は連動しているという事です。

また、3大取引所と言われるもう一つのロンドン取引所でもほぼ同様で、ロンドンとの時差は9時間(サマータイム導入時期は8時間)となります。
日本が最も時間が早く、次いでロンドン、アメリカとなるため、この3か所の取引は常に連動しているのです。
初心者の方にありがちなチャートを見る際に、日本での前日の終値と始値だけを見てその日の価格推移を読み解くのではなく、3大証券取引所の値動きや、対象となる取引次第によっては、そのほかの上海やムンバイ取引所など、その他の取引所での価格なども特に初心者は短期での投資を行っている方が多いので、チャートでサッと目を通すようにはしたいものです。

3大証券取引所の終値や始値については、最近ではパソコンだけではなく、スマホや専用アプリなどでも簡単に見る事が出来るようになっているので、スマホでもサクッと見れるように専用アプリをダウンロードしておくのも良いでしょう。

No Comments :(