注文したら始まるダウものがたり

ファンダメンタルズとは経済状況を表しているもので、経済の基礎条件とも言われています。
投資対象となる国や企業の結構状態をGDP(Gross Domestic Product)=国内総生産、雇用率や失業率のほか、CPI(Consumer Price Index)=消費者物価指数、PPI(ProducerPriceIndex)=生産者物価指数、国際収支、などの各経済指数を総合的に分析していく事をファンダメンタルズ分析と言います。
FXではこのファンダメンタルズ分析を基に近い未来の値動きを予想して取引を行っている投資家の事をファンダメンタルズトレーダーと言います。

ダウ理論とは、アメリカのジャーナリスト兼証券アナリストであり、ダウ・ジョーンズ社社長でもあったチャールズ・ダウ(Charlz H.Dow)氏が19世紀末にウォールストリートジャーナル紙に論説を投稿したことから「ダウ理論」と呼ばれる様になりました。
このダウ理論、6つの法則があると言われています。

・主要なトレンドは3段階からなっている
先ずはもう下がらないと読み、長期投資家が投資を開始し、次に値上がりが始まるだろうと中期投資家が投資を開始、最後にまだ価格上昇するだろうと短期の投資家が投資を行うというもの。

・すべての事柄を踏まえる
各国の政治状況や内戦や戦争、自然災害などをはじめ、需要と供給に関わすすべての事柄を考慮して価格を読み取るという事。

・トレンドは3種類
1年から数年の長期サイクルである主要トレンド、3週間から3か月程度の二次トレンド、Ⅲ種間未満の小トレンドです。これらは全て関連性を持っており、小トレンドは二次トレンドの調整として、二次トレンドは主要トレンドの調整として動いており、大きな流れにはそれぞれの動きがあるという事を示しています。

・トレンドは出来高でも確認しなければならない
市場の終値や出来高を重要視しており、出来高が多く、トレンドが明確になれば利益も大きく、その逆に出来高が少なく、トレンドが女池区でなければ利益は薄いというもの。

・明確な信号が出るまで取引は継続する
明らかなトレンドの転換期となりうる信号が出る迄取引は継続するというもの。トレンドに逆らわないという事です。

・一つの株価平均では確認をしない
一つの株価情報だけでは判断に誤りが出やすいため、必ず2つの株価の情報から判断をするというもの。複数の情報を確認する事でより確実性をつかみ取るという事です。

一見難しそうですが、FXや投資を行っていく上でダウ理論とはとても重要で欠かすことのできない理論です。ダウトレーダーたちもこの理論に基づいて取引を行っていると言われていますので、先ずは頭の片隅に置いておいてください。
日経225とダウについて

No Comments :(