注文したら始まるダウものがたり

FX初心者に向けてローソク足やダウ理論について話を進めて行きたいと思います。

FXを始めるにあたって、必ず覚えておかなければいけないのがチャートの見方です。
このチャートの中にはローソク足と呼ばれるもので示しており、この見方をしっかりと覚えておかなければ相場の変動などが読み取れないという事になり、読める事がFXの大前提ですので、これから勉強を始めるという入門の方もまずはここからスタートしていきましょう。

ローソク足にはいくつかの種類があり、分足、日足、週足、月足、年足があります。
これらは今、リアルに細かな値動きを知りたい時には時間単位でのチャートを活用し、直近での株価の値動きでは週単位でのチャートや月単位でのチャートを見ながら値動きを見ます。
分足の場合であれば、5分間の開始時間からの始値から終値があり、その中の高値と安値が表示されており、日足、週足などのその他のチャートも同様になります。

ローソク足について見てみると、チャート内の折れ線に白く四角いものと青く四角い物があり、四角には縦線が付いています。
これがローソクに似ている事からローソク足(ロウソク足)と呼んでいます。
では早速このローソク足の読み取り方を見ていきましょう。

これは始値・高値・安値・終値の4つをこの小さなローソク足で全て表しています。
因みにこのローソク足一つ一つを全て繋げたものがチャートになります。
そして、ローソク足は白で表している陽線と、青で表示されている陰線があります。
陽線とは始まった株価よりも終値が高かった場合は陽線と表現され、白で表されます。
陰線とは陽線の逆で、始まった株価よりも終値が安かった場合に青色で表されます。

陽線の場合、ローソク足の四角の上辺にあたる部分が終値、底辺にあたる部分が始値となり、突き刺さっているかのように縦線が出ていますが、この線は上辺から突き出ているものが高値、底辺から突き出ているものが安値となります。
陰線の場合、青色表示された四角の上辺が始値、底辺が終値、上辺から突き出ているものが高値、底辺から突き出ているものが安値となります。

如何でしたでしょうか?意外と簡単ですので、実際にチャートを見てFXを始める前に読み方をマスターしていってください。

No Comments :(