注文したら始まるダウものがたり

ファンダメンタルズとは経済状況を表しているもので、経済の基礎条件とも言われています。
投資対象となる国や企業の結構状態をGDP(Gross Domestic Product)=国内総生産、雇用率や失業率のほか、CPI(Consumer Price Index)=消費者物価指数、PPI(ProducerPriceIndex)=生産者物価指数、国際収支、などの各経済指数を総合的に分析していく事をファンダメンタルズ分析と言います。
FXではこのファンダメンタルズ分析を基に近い未来の値動きを予想して取引を行っている投資家の事をファンダメンタルズトレーダーと言います。

ダウ理論とは、アメリカのジャーナリスト兼証券アナリストであり、ダウ・ジョーンズ社社長でもあったチャールズ・ダウ(Charlz H.Dow)氏が19世紀末にウォールストリートジャーナル紙に論説を投稿したことから「ダウ理論」と呼ばれる様になりました。
このダウ理論、6つの法則があると言われています。

・主要なトレンドは3段階からなっている
先ずはもう下がらないと読み、長期投資家が投資を開始し、次に値上がりが始まるだろうと中期投資家が投資を開始、最後にまだ価格上昇するだろうと短期の投資家が投資を行うというもの。

・すべての事柄を踏まえる
各国の政治状況や内戦や戦争、自然災害などをはじめ、需要と供給に関わすすべての事柄を考慮して価格を読み取るという事。

・トレンドは3種類
1年から数年の長期サイクルである主要トレンド、3週間から3か月程度の二次トレンド、Ⅲ種間未満の小トレンドです。これらは全て関連性を持っており、小トレンドは二次トレンドの調整として、二次トレンドは主要トレンドの調整として動いており、大きな流れにはそれぞれの動きがあるという事を示しています。

・トレンドは出来高でも確認しなければならない
市場の終値や出来高を重要視しており、出来高が多く、トレンドが明確になれば利益も大きく、その逆に出来高が少なく、トレンドが女池区でなければ利益は薄いというもの。

・明確な信号が出るまで取引は継続する
明らかなトレンドの転換期となりうる信号が出る迄取引は継続するというもの。トレンドに逆らわないという事です。

・一つの株価平均では確認をしない
一つの株価情報だけでは判断に誤りが出やすいため、必ず2つの株価の情報から判断をするというもの。複数の情報を確認する事でより確実性をつかみ取るという事です。

一見難しそうですが、FXや投資を行っていく上でダウ理論とはとても重要で欠かすことのできない理論です。ダウトレーダーたちもこの理論に基づいて取引を行っていると言われていますので、先ずは頭の片隅に置いておいてください。
日経225とダウについて

FX初心者に向けてローソク足やダウ理論について話を進めて行きたいと思います。

FXを始めるにあたって、必ず覚えておかなければいけないのがチャートの見方です。
このチャートの中にはローソク足と呼ばれるもので示しており、この見方をしっかりと覚えておかなければ相場の変動などが読み取れないという事になり、読める事がFXの大前提ですので、これから勉強を始めるという入門の方もまずはここからスタートしていきましょう。

ローソク足にはいくつかの種類があり、分足、日足、週足、月足、年足があります。
これらは今、リアルに細かな値動きを知りたい時には時間単位でのチャートを活用し、直近での株価の値動きでは週単位でのチャートや月単位でのチャートを見ながら値動きを見ます。
分足の場合であれば、5分間の開始時間からの始値から終値があり、その中の高値と安値が表示されており、日足、週足などのその他のチャートも同様になります。

ローソク足について見てみると、チャート内の折れ線に白く四角いものと青く四角い物があり、四角には縦線が付いています。
これがローソクに似ている事からローソク足(ロウソク足)と呼んでいます。
では早速このローソク足の読み取り方を見ていきましょう。

これは始値・高値・安値・終値の4つをこの小さなローソク足で全て表しています。
因みにこのローソク足一つ一つを全て繋げたものがチャートになります。
そして、ローソク足は白で表している陽線と、青で表示されている陰線があります。
陽線とは始まった株価よりも終値が高かった場合は陽線と表現され、白で表されます。
陰線とは陽線の逆で、始まった株価よりも終値が安かった場合に青色で表されます。

陽線の場合、ローソク足の四角の上辺にあたる部分が終値、底辺にあたる部分が始値となり、突き刺さっているかのように縦線が出ていますが、この線は上辺から突き出ているものが高値、底辺から突き出ているものが安値となります。
陰線の場合、青色表示された四角の上辺が始値、底辺が終値、上辺から突き出ているものが高値、底辺から突き出ているものが安値となります。

如何でしたでしょうか?意外と簡単ですので、実際にチャートを見てFXを始める前に読み方をマスターしていってください。

世界の主要な証券取引所の株価指数といえばアメリカのニューヨーク証券取引所のnyダウ、それからイギリスのロンドン証券取引所のFTSE100、そして日本の東京証券取引所の日経225(日経株価平均指数)だと思います。

それぞれの証券取引所は取引時間が当然異なります。
日本の東京証券取引所の取引時間は午前中の前場(ぜんば)と午後の後場(ごば)に分かれています。
前場は午前9時から11時30分、後場は午後0時30分から3時だそうです。

ニューヨーク証券取引所の取引時間は東部時間の9時30分から16時00分で、日本時間でいうと23時30分から翌朝の6時00分だそうです。
ただしサマータームがあるのでサマータイム期間中の日本時間は1時間早まります。

ロンドン証券取引所は現地時間で午前8時から午後4時30分までだそうです。
日本時間でいうと17時00分から翌日の1時30分になります。
フランスやドイツも同じ時間だそうです。

ちなみにシンガポールの証券取引所の取引時間は通常取引セッションが現地時間で9時00分から17時00分までで、日本時間にすると10時00分から18時00分になります。
日本時間で全部つなげると、日本のお昼休みを除いて、午前9時から翌朝の午前6時まで世界のどこかの市場で取引がされていることになります。

インターネットの普及によって一般個人でも海外の証券取引所にアクセスできるようになりました。
一昔前だったら個人が日本にいながらアメリカのnyダウやイギリスのFTSE100、ドイツのDAXなどの株価指数で取引できるなんて考えられませんでした。

nyダウは株価指数ですがCFDというデリバティブ商品が出来たために一般個人が日経225やnyダウ、イギリスのFTSE100やドイツのDAXなどの株価指数を取引することが出来るようになりました。
世界の市場を考えれば、取引時間が早朝を除くほぼ24時間なのでサラリーマンでも帰宅した後に取引することも可能です。

今流行のFXもCFDの一種だそうですが外国為替市場もほぼ24時間、世界のどこかの市場が開いているのでサラリーマンなどにも便利です。
日本でデリバティブ商品が普及したのもこうしたアクセスのしやすさも要因にあると思います。